古い歴史|一般向けのローンと事業者ローンの有効活用|資金不足もすぐに解消
女性

一般向けのローンと事業者ローンの有効活用|資金不足もすぐに解消

古い歴史

紙幣

手形割引の金額や手数料について

企業が支払いのために手形を振り出すことがありますが、その手形を記載されている期日までに現金化することを手形割引と言います。当然期日前に現金化されることなので満期日までの利息と手数料がかかることになり、その分減ることになりますが、早急に現金が必要な場合には有効な手段です。さて、この利息分や手数料なのですが手形割引による現金化が一般化してきていることもあり、手数料は安価になってきているのです。その手数料の相場ですが大抵数百円程度になっており、金額の大小にかかわらず一定になることがあります。この部分と定められた割引レートを用いて、割引額を日割り計算して差し引かれる額が決まるという仕組みになっています。

手形を割り引くという資金調達の歴史

過去に、商取引が発展していくにつれて16世紀のイギリスでこの仕組みを使った専門の業者が出現して、市場を形成していったのです。また日本においては、江戸時代の大阪ですでにこの仕組みの元祖となるものが登場してきて、広く商人の間に利用されていったのです。そして明治時代になり、条例が整備され、大正時代に広く一般化していったのですが世界的な条例に1930年に参加することで手形法が制定され、手形割引の既定も法整備されたのです。